話が上手くなる方法

話が上手くなる方法

話が上手くなる方法とは

 

話が上手くなる方法について、詳しく解説します。

 

スゴ腕営業マンは女性にモテると言われます。

 

このような人は、会話がうまく相手の気をそらさないのですが、話の内容も豊富なので相手に好かれるのです。

 

このような男性は女性も一緒にいて楽しいのでモテるわけです。

 

話が上手くなる方法と言っても特効薬はありませんが、話題を豊富にしておくことが一番です。

 

営業マンはまず経済新聞からと言われますが、営業の現場でいきなり昨日の日経平均株価や
為替相場の話をしても相手はびっくりするでしょう。

 

 

天気の話もあまりにありきたりです。

 

 

同じ経済新聞をネタにするなら、社会面の記事や投資経験談のような記事を話題にした方がいいでしょう。

 

 

話が上手くなる方法

 

 

話題を豊富にする方法

 

営業活動に限らず、友達や恋人と話をする際には話題が多い人は話が上手いなと思われます。

 

話題が多いと話を聞いていて飽きないからです。

 

このような人と話をしていると1時間でも2時間でも苦になりませんが、
話題の少ない人と話をしていると、30分で疲れます。

 

 

話題を豊富にするためには、いろいろなジャンルの雑誌を読むことが一番です。

 

ファッション誌だけではなく、ちょっとお堅い経済紙や時事関連の雑誌を読むと、
自分自身が新しい発見があり、記事に引き込まれるようなことがあると思います。

 

 

このような話題を提供することができるようになることが、話が上手くなる方法なのです。

 

 

 

笑顔で会話

話が下手な人は、往々にして自分が会話を楽しんでいません。

 

英会話学校で外国人講師と会話をすると最初は緊張してぎこちないことが多いのですが、
外国人であっても慣れてくると会話がスムーズになります。

 

英語で会話をするという事自体が緊張するものですが、慣れてくると自分が楽しんで会話ができるようになるものです。

 

 

会話を楽しむためにはムードが必要です。ムード作りは難しくありません。

 

笑顔で接すればいいのです。笑顔で接すると相手も笑顔になり、
和やかな雰囲気になります。そこで豊富な話題を提供するような気持ちで会話をすれば、
ごく自然に自分も楽しんで会話ができます。

 

話が上手くなる方法と言っても特別に技法があるわけではないのです。

 

 

ここで紹介している会話が上手くなる方法は、人に好かれる会話術による会話法です。

 

会話法について、より詳しく知りたい方は、人に好かれる会話術をご参照下さい。